FC2ブログ
20050311105907s.jpg

生後1カ月半(推定)の頃のウメ・G。
ウチに来て5日目。
体重もまだ500g強の手乗りーズだった。

それが今では、Gは3kg、ウメッチは何と4.9kg(ウチで一番デカイ)に成長した。

来た当初は、先住のノン・デヴィの姿も、我々の姿も、まるで目に入っていないかのように二人でジャレ回っていた。
ヒトへの甘え方も知らないように思えた。
全く自分たち二人の世界で、食べて、寝て、走り回っていたのだ。
保護された場所は、公園のボヤがあった猫ハウスの焼け跡。
その場所に捨てられたのか、野良で生まれて母猫とはぐれたのか。確かなことは分からない。
小さな身体で不安な気持ちを抱えて、二人で一緒にいたのだと思う。

走って、その辺の物にぶつかり、デヴィ子にぶつかり威嚇され。
ノンスケにお尻の臭いを嗅ぎ回されて、だんだんと少しずつ、自分たち以外の物の存在に気付いていった。
そしてノン・デヴィに受け入れられて、甘えたり、優しくされたりすることの心地よさに気付いていったような気がする。


20050311104340s.jpg

大きくなっても、やっぱり仲良しな兄妹。


20050311110436s.jpg

手に注目。
スポンサーサイト