スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
良いお年を
20051231204544.jpg

来年もよろしくお願いいたしますぅ

獣代表はなちゃんでした

では、おやすみ…あ、違う

良いお年を~~~




年の瀬の試食会は
[良いお年を]の続きを読む
スポンサーサイト
スの尻尾
20051229192153.jpg

大きくなっても、とうとう生えてけぇへんかったわ…

でもな、お尻はデカクなってんで!←自慢するとこ違います



そして、ラスちん今日もカメラ目線←今日はキミ主役ちゃうよー





そして試食会は


[スの尻尾]の続きを読む
夜のパトロール
20051227201205.jpg

はなちゃんは防犯委員
今晩もパトロールに行って来ます!
(注:1昨年の画像)

20051227201358.jpg

えっと、不審物はなし、と

20051227201451.jpg

ん?!
んんんん?
ちょっと不審な臭いを発見!


20051227201551.jpg

じゃ、さっそく不審な臭いは消して、と


20051227201636.jpg

は~~、すっきりした!
寒いから、はよ帰ろ!←おいっ


ハナゲが来た当初は、ハーネス(胴輪)ではなく首輪にリードを付けていた。
リーダーウォークを大特訓していた頃(ハナゲも私も)で、公道ではオシッコはさせない、道路の臭いも嗅がせない、リードをしゃくって「ダメ」のコマンドを送る練習をしていた。
それがなかなか上手に出来ずに、ある夜にリードを引っ張った拍子に首輪がスッポリと抜けた。


私も獣1号も(時々みんなで散歩に行く)「!」


ハナゲも「!」

イカン!ここで慌てて追いかけるのは逆効果。

追うと逃げるのは犬の本能であり習性。

道路に飛び出して車にでも撥ねられた日には目も当てられない…。

血圧が一気に上がるのを感じつつも、何とか平静を装って「おいで~」

素直にハナゲが近寄ってきたので、獣1号が思いきり頭を撫でる。
そして、その間に首輪を装着。

何とか事なきを得た。

心臓はバクバク。
足もガクガク。


その事件があってすぐにハーネスを導入。
以来、外に連れていくときはハーネスをしっかりと装着。


ま、今となっては笑い話である。


[夜のパトロール]の続きを読む
その後
ジュリアとロバが引っ越しした後も、2-3日ノンスケとウメッチはギクシャク。

ノンスケはウメッチが近づいただけで殺気立つし、ウメッチはウメッチで時々ノンスケの姿をじーっと目で追っている。暗い、ウメッチらしくない目だ。
そして実際にノンスケを追いかける。

にらみ合って、唸り合って、ひどくイヤな空気が流れ出すと両者を引き離して、それぞれキャリーとミニケージに監禁。
喧嘩両成敗というか、どちらも悪くないけど、どちらも悪いのだ。いわば痛み分けというところ。

見てるコチラもハラハラ。
ハラハラすると余計に良くないのは分かっているけど、それでもイヤな空気を感じる以上は仕方がない。油断するわけにはいかないのだ。



引っ越し当日のその夜。

いつものようにホットカーペットで団子をつくるギャング共。
ノンスケも参加したいようだが、ウメッチが居るのでその中に入れない。
離れた場所、第2見張り台(食器棚の上)で辛そうな顔。
そのうちに、ウニャウニャとぼやき出す。

平和主義者のノンスケくん。

誰と誰が争ってもイヤなのだ。
まして、今回は自分が標的にされている。

ウメッチ…。
小さかったウメッチ。
がに股でヒョコヒョコ、転けそうに走り回ってたウメッチ。
ノンちゃんが怒ったら、ショボーンとしてたウメッチ。
弟やったのに…。

なんでや~

ノンちゃんのウチでな、喧嘩は許せへんのんじゃ。
ノンちゃん、喧嘩なんかしたないのんじゃっ!

ひとしきりぼやいて、疲れた様子のノンスケを膝に載せてやる。
丸まって、小さくなって、ギューッと顔をうずめて眠るノンスケ。

20051226174251.jpg

ノンちゃん、辛いわー


今日は早めにお布団に入ろうな。安心してゆっくり寝て、元気になって明日また頑張ろうなと、私も雑用はそこそこにしてみんな纏めて布団に引っ張り込む。

その明け方。

ふと目覚めたら、枕元にウメッチが寝ている。
そして、そのウメッチの耳を、目を、ノンスケが静かに舐めてやっている。
寝ぼけてるのか、心地よいのか、やや顔をあげてウメッチもそれに応える。

大丈夫。
この子達ならきっと大丈夫。
ノンスケは自分の頭で考えて、しっかりとこの試練を乗り越えようとしている。

1日が始まって、ウメッチも、他のギャング共もかなり落ちついてきたものの、ちょっとした物音には敏感に反応するなど、幾分の緊張感は残っている。
ジュリアとロバが居なくなったとはいえ、いつ戻ってくるかと不安があるのかも知れない。
あるいは、ケージがなくなったので、ジュリアとロバがどこかに潜んでいると考えているのかも知れない。

アホやねぇと思うものの、大人の事情が理解できないのだし、仕方ないのかも知れないね。
人間だって、理屈では理解できても、感情的に生理的に納得するまでに時間がかかる事もある。

その夜は、ウメッチを抱きかかえて寝た。
心底疲れました。ウメちゃん、もうくたくたですとウメッチの寝顔が訴える。

20051226174345.jpg

ウメちゃん、疲れたわ

20051226174540.jpg

ホンマ、もーくたくたや…

この子たちには、本当に辛いことを強いていたのだなとここでも思う。
ゴメンなと心で詫びつつ、最悪の事態だけは避けられたことに感謝する。

さて、その後のノンスケとウメッチ。
以前ほどハードさは無いにしても、取っ組み合いして遊ぶ光景を見せてくれるようになった。
ウメッチもお気楽なアホ顔を取り戻したし、ノンスケも無邪気な我が侭坊主に戻った。

ちょっと困ったことがひとつ。
ノンスケ、ウメッチ共に甘ったれ度がさらにアップ。
抱っこしろーとか、遊べーとか、うるさくて仕方がない。

お陰でゆっくりご飯も食べられません。はい。



ギャング共の試食会は




[その後]の続きを読む
ストーブのお守り
カーリーはストーブがお気に入り。

真剣に電気ストーブのお守りをする毎日。

20051220171047.jpg

カーリーに断り無しに近づいたらアカンよっ!
     ↑
  その目つき何とかしなさい!


20051220171222.jpg

   ↑
 カーリーちゃーん、近すぎませんか~?

20051220171308.jpg

何よっ。文句あるっ?

だから、その挑戦的な目つきは止めなさいって


といっても、カーリーご機嫌が悪いわけではなく

実際は、かなりのご機嫌さん

単に目つきがキツイだけで。はい。

ご機嫌なもんで、そのうちにゴロゴロ

20051220171418.jpg

眠たかっただけだったりして


20051220171834.jpg

ゴロゴロゴロゴロ


20051220171907.jpg

だから、近すぎるって!


ふむ。
コイツも変猫度けっこう高いな…。



そして、試食会は


[ストーブのお守り]の続きを読む
ハナゲのぼやき
20051219192130.jpg

ども~、はなちゃんです!

20051219192203.jpg

寒いけど、はなちゃんは毎日元気やで~

この前、すっごいカミナリ鳴った時な、はなちゃん恐くて恐くて死ぬかと思ったわ。
オバチャンはお留守やったしな。
でも獣1号ちゃんが居てたから助かったわ。
ベッドに入れてもらって、はなちゃんお布団にもぐって隠れててん。

20051219192311.jpg


そしたらな。

20051219192409.jpg

毛布がホカホカですっごく気持ち良くなって、はなちゃん寝てしまってん。
幸せやったわ~


20051219192457.jpg

はなちゃん、時々獣1号ちゃんのお部屋で遊ぶねん。
カーペットもホカホカやし、そこで寝転んだり、オヤツもらったりするねんで。

20051219192539.jpg

ホカホカ~


それがな。

最近、お部屋に入れてくれへんねん。
はなちゃん、立入禁止になってんて。
「え~~~!!!」って感じやわっ。
オバチャンが「ハナゲ、またまた協力よろしく!」やって。

20051219192708.jpg


どういうことよっ!

20051219192637.jpg

そら、はなちゃん、立派な大人やし、頼まれたら協力するけどさ。
やっぱり、ちょっとイヤやわぁ…。

ぷんぷん!



ハナゲ立入禁止の理由はコチラ


ノンジェル
呼び名がどんどん変化していくのはよくあること。

例えばデヴィ子。
本名はデヴィ。
その表情から雰囲気まで、どうも女の子っぽいので今ではデヴィ子。

そして、ウメッチ。
これはウメちゃんからウメッチへ変化。

GはGポン、そして今は時々丸ちゃん。
(丸々してきたから)

ラスがラスちんとか、スがスぴぃとか。
この辺りはあまり大した変化ではない。

スクリーマー→スーチン→オデブ→デブ
これはなかなかの変化。

しかし、何と言っても一番変遷が激しいのがノンスケ。
ノンちゃん→ノンスケ→ノンノコ(時々ボンボコ)→ノンニョコ→ニョコ
と既に本名の片鱗もなく変化している。

20051217144155.jpg

激しく変化するノンスケの呼び名


さらに最近ではノンジェル。
これはエンジェルのようなノンちゃんという意味から呼ばれるようになった。
何故エンジェルのようなのかと言えば、一貫したラブ&ピースの実践者であるから。
そしてノンジェルと呼ばれるようになった直接のきっかけは、ラスちんとの関わりである。

ラスは生後間もない頃のケガが元で、後ろ足の肉球が無い。
右足は人間でいうところの膝関節から先が無く、左は足首から先が無い。
それでも元気一杯に育ってくれたので、兄妹のベガ・スや大きい子達と一緒になって暴れまくっている。

普通に歩くときは右足が床に触れないように、自分で庇いながらピョコピョコと歩いているのだけど。
大運動会開催となればそうも行かなくなる。
遊び盛り、ヤンチャ盛りのお子様である。夢中になってもの凄いスピードで走り回るから、ゴツゴツと右足が床にぶつかる。
それでも暖かい季節は良かったのだが、寒くなってこっち右足の先端の皮膚が破れてしまった。
傷が化膿してもいけないので、ハイポを垂らして脱脂綿とテーピングで右足をカバーしてやる。当然ラスは嫌がるので、バスタオルで拘束して押さえつけて傷の手当をする事になる。
まるで虐待されてるような悲鳴をあげるラス。
その度に他のギャング共も心配そうに、ワラワラと集まってくる。←ほとんどが単なる野次馬

20051217144259.jpg

タオルでくるんで、押さえつけて、怒りまくってテーピング

20051217144450.jpg

殺されそうな悲鳴をあげるも、怒られてショボーン

20051217144559.jpg

やや観念

20051217144649.jpg

でも、しっかりとカメラ目線

その中でも、最もリアクションの激しいのがノンスケ。
オロオロしてウニャウニャ言いながらラスの周りをグルグル。

20051217144757.jpg

ノンスケ、オロオロ
「オバチャーン、止めたって~、かわいそうやん~」


そのうちにラスが虐められてるわけではなく(当たり前っ)、傷の手当をされてるのだと理解したらしく、側についてくれて、テーピングが済むとラスの顔を優しくペロペロ。

20051217145019.jpg

「ラス~、頑張りや、じっとしてたらすぐに済むからな~」


これにはちょっと驚いた。
自分がどうしてやるのがラスにとって一番良いことなのか、ノンスケなりに考えて行動しているようだ。
最初は偶然かとも思ったのだが、テーピングする度にどこに居ても飛んできて、ラスを見守ってくれるようになった。

20051217144910.jpg

手当が始まると、すっとんでくるノンジェル

20051217145242.jpg

はい、終わり!


もちろんラスもノンスケに顔を舐めてもらうことで、気持ちも落ちつくようである。

だから、ノンジェル。
(この呼び名には本人ちょっと照れて、お気に召さないようす)




さて、試食会は


[ノンジェル]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。