スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
師匠と弟子
20060731201315.jpg

えーっとー、もしもし~

20060731201403.jpg

デヴィ子(写真右):ん?
Gポン(写真左):ん?

ちょっとどいてくれませんか?
ご飯食べたいのやけど…

20060731201552.jpg

デヴィ子(写真右):ふーん、食べたらエエやん
Gポン(写真左):気にせんでエエよ~

……

キミらが気にしなさいっ


変猫デヴィ子の一番弟子であるGも、やっぱりヘン
猫のくせにイスから簡単に落ちたりしてる。

まあ、他の子でも寝ぼけて落ちかけたり、
足を踏み外して滑ったりすることはあるけど、
大抵の場合、おっとと体勢を立て直したり、
落ちても最終的にはちゃんと着地している。

Gの場合は、まともにドタッと落ちるのだ。
それは見事なくらい。
自分でも「え?」と驚いてるように見えるけど、
ホント、「アンタ、ホンマに猫ですか?」って感じ。

と言っても、足腰が弱いという訳でもなく、
素晴らしいジャンプ力を持っていて、一時はハイジャンプの女王の
名を欲しいままにしていたくらい。

ふんばる根性がないというか、
ガンバル気はさらさらないというか、
諦めが良いと言うか、
引力の法則にさからわないと言うか。
だらーっと脱力したまま落ちるらしい。

あ、そう言えば、高いところに上がる時に、
ジャンプして乗ればよいものを、
わざわざ前足でぶら下がって、いわば腕力だけで
よじ登ろうとしてる事が多い。

そういう時は、妙に頑張ってる。

ちょっとサイズ的に無理でしょな箱なんかに
強引に入ってしまうデヴィ子さんの、
妙なところで頑張る姿を見て育ったもんねぇ…。

変猫の弟子も、やはり変猫。

もうちょっと別のところで頑張って欲しいけどなぁ。





トノちゃんの絵日記のトノママさんが、迷子の大人猫ちゃんを保護されてるようです。
お心当たりの方は、ぜひトノママさんまでご一報を!

よろしくお願いします。


こちらの子たちも、よろしくお願いします!
    ↓
banner.jpg

可愛い仔猫たちが待っています!
[師匠と弟子]の続きを読む
スポンサーサイト
迷子といえば
トノちゃんの絵日記のトノママさんが、迷子の大人猫ちゃんを保護されてるようです。
お心当たりの方は、ぜひトノママさんまでご一報を!

よろしくお願いします。




20060729075945.jpg

迷子で思い出すのは、ハナゲと出逢った時のこと。
3年前の、夏もそろそろ盛りを過ぎたかなという頃に、
突然ウチの玄関前にやって来た。
拾得物扱いで一旦は警察に預けたものの、
結局はウチで引き取って、飼い主を捜すと同時に
里親さんを探すことにした。

迷子なのか、あるいは遺棄なのか。
どちらの可能性も考えられるし、
本当のところは誰にも分からなかったから。

当時の状況から想像して、
夜のうちに車にでも乗せて、そのまま置き去りに
したのかなとは思った。
それでも、もしかして、
ちょっとしたアクシデントで家出してしまって、
ウロウロと思わぬ遠方まで来てしまったのかも
知れないし。

飼い主さんは、真っ青になって
探し回っているのかも知れないし。
もしもそうなら、1日でも早く戻してあげたい。

結局、警察にも飼い主らしき人からの
問い合わせは無く、里親さんを探す前に
ウチがハナゲを手放せなくなった。
情が移ったというのか、これが縁というものなのか、
ハナゲは「ウチの犬」となり、今に至っている。


20060729080025.jpg

ハナゲが「ウチの犬」となったきっかけは地元の情報誌。
その情報誌のペットコーナーに掲載されていた
「迷い犬を探しています」の記事だった。
その頃、ハナゲには家庭犬としての最低限のしつけを
するべくトレーニングの真っ最中。

ハナゲは獰猛な犬ではなかったけど、
キチンとしつけられた犬でも無かった。
例えば、散歩に行けばリーダーウォークはおろか、
マーキングし放題で、勝手に自分の向かいたい方に進む。
道路の端をまっすぐ歩くことが出来なかったのだ。
食べ物が落ちてると、必ず拾い食いはするし、
「マテ」の制止が効かない。
出来ることといえば「お手」くらい。
当然ながら、トイレが使えるはずもない。

どうやら、以前は庭先か何かに、繋がれて暮らしていたのだろう。
もしかしたら、散歩もあまり行って無かったのかも知れない。

これは里親さん募集の前に、少なくとも人の指令を
聞くことが出来て、散歩くらいはちゃんと出来るように
してやる必要がある。
成犬だし、大きな犬だし、ひとつ間違うと危険を伴うから。

トレーニングと言っても、我々は全くの素人なんで、
元犬の訓練士だった知人から、逐一アドバイスをもらったり、
ネットで検索しまくったりと、まさしく悪戦苦闘の日々。
残暑が厳しい中を、冷や汗流しつつハナゲと歩いた。
近所の駐車場で、ハナゲが座り込んでしまい、
頑として動こうとしなかった時には、
「このまま置いて帰りたい…」と思ったこともあったり…。

それでも、少しずつハナゲと仲良くなって、
少しずつこちらの言うことを理解してくれるようになって、
散歩でかく冷や汗も少なくなって来た頃のこと。

「これ、はなちゃんと違うの!」と獣1号が
その記事を見つけた。
なるほど特徴がハナゲによく似ている。
「どうするの!連絡してみるの?!」
「そら、一応は連絡してみた方が良いのかなぁ…」
「はなちゃん、返すのん?!」
「ハナゲと決まった訳でもないし、大丈夫やわ!」
「でも、もしそうやったら、どうするの!」
  ↑どうするのって言ってもねぇ…
「だいたい、避妊手術もしてなかったんやし!」
  ↑ぼちぼち言いがかりの方向に
「迷子にするのは許せん!」
  ↑バッサリ切ってきました
「あ、イボ、イボ!」
「イボのこと、書いてないやん!」
  ↑ハナゲの右前足に大きなイボがある
「それでも連絡して、もしもホンマの飼い主やったら、
返さなアカンねんよなぁ」
  ↑そろそろ弱気

「ハナゲはどこにも返せへん!」
  ↑出た!本音!!

後で冷静に記事を読み返してみたら、
似てると言えば似てる特徴だったけど、
尻尾が薄い茶色だとか、微妙な違いもあり、
どうやら我々の思い込み、思い違いだったことが判明。
結局、自分でも気付かなかった本音が表面化して、
ハナゲを正式に迎える決意を固める結果になった。

でも、それからも、しばらくの間は
何となく落ちつかないと言うか、
据わりが悪いというか、
どことなく後ろめたいような気持ちは消えなかった。

もしも、迷子だったら。
本当の飼い主さんが、今でも必死に探していたら。
ハナゲと大の仲良しの小さな子でも居たら。
その子が泣いていたら。
ハナゲが本当の家に帰りたがってたら。

ハナゲが本当の飼い主を恋しがってたら…。

もちろん、今はハナゲはウチで生まれた子のような
錯覚を起こすくらいにハナゲとの暮らしは自然だ。
そして多分、ハナゲもここに居るのが当たり前と
日々を過ごしているのだと思う。

それでも、こんな風に堂々と
「ハナゲはウチの犬!」と心から思えるようになるまで
少し時間がかかった。

迷子は。
迷子になった子も、迷子にさせた者も、
そして、保護した者も、それぞれに辛い。

無駄に辛い思いをしないように、
絶対に迷子にはさせないで。
ウチは大丈夫と思っていても、
どんなアクシデントが起こるか分からない。
犬でも猫でも、ささいなアクシデントで
パニックを起こし、思わぬ行動に出る可能性がある。
それは、その子たちが悪いのではなく、
側についている人間の責任だと思う。

ウチは絶対に大丈夫なんてことは無いのです。
どうか、充分に充分に気を付けて下さい。
守ってあげられるのは、飼い主だけなのだから。



こちらの子たちも、よろしくお願いします!
    ↓
banner.jpg

可愛い仔猫たちが待っています!


[迷子といえば]の続きを読む
迷子のお知らせです
トノちゃんの絵日記のトノママさんが、迷子の大人猫ちゃんを保護されてるようです。
お心当たりの方は、ぜひトノママさんまでご一報を!

よろしくお願いします。




こちらの子たちも、よろしく!
    ↓
banner.jpg

可愛い仔猫たちが待っています!



[迷子のお知らせです]の続きを読む
しみじみと
20060721121948.jpg

頂きもののミッキー付きのマットがお気に入りのハナゲ

20060721122108.jpg

裏窓見張り台(洗濯機の上)でお昼寝のデブ


毛の生えた子たちって

20060721122204.jpg

なぜ、こんなに可愛いのだろうか…


20060721122249.jpg

Gねーさんも可愛くお昼寝

ああ、可愛い…


20060721122408.jpg



あ、まあ、格好はちょっと…、あれやけど…

20060721122513.jpg

あー、もっ、目ぇ開けて寝たらコワイですやん!


20060721122610.jpg

あー、やっぱり何かヘン…

と、いつものパターンで落ちるのですが(^ ^;
Gポンはヘン猫デヴィ子の一番弟子
弟子だけあって、やはりそこはかとないヘンさ加減が見受けられる

この続きは次のエントリーで


毛の生えた子と暮らしたいと思ったら、こちらをどうぞ!
    ↓
banner.jpg

可愛い仔猫たちが待っています!


[しみじみと]の続きを読む
お知らせとお願い
以前にご紹介した里親募集中の仔猫たち、お陰様で良いご縁が見つかりました!

とは言っても、まだご縁に恵まれてない子もいます。
そして、新たに保護された子もいます。

なかなか写真が撮れなかったり、1匹ずつのデータが拾えなかったりと、何せ巣立っていったと思えば、新たに入ってきたりと(^ ^;;
テンヤワンヤ(死語ですが)大騒ぎな状態なのですが、写真とデータの揃ってる子達を整理してサイトを作ってみました。

http://zero-laboratory.com/p/kittens/index.html

まだ準備中のページも多いですが、お家を探してる子たちをどうか見てやって下さい。
可愛い写真が撮れ次第に、どんどん追加していきます。

そして、サイトオーナー様、ブログオーナー様にお願いです。
仔猫たちにステキなご縁が見つかるように、ひとりでも多くの方に見ていただきたいと思っています。
片隅にでもバナーを置いて頂けないでしょうか。
2種類用意してますので、どちらでもお持ち帰り下さい。

banner.jpg

banner02.gif


もちろん、テキストリンクでも構いません。

どうかよろしくお願いいたします!
たまには
実は、ギャング共はかなり可愛い子揃い。←はい、親バカですともっ

でもまあ、自分ちの子が世界一可愛いと思っているのが親心だし。
どーせ写真では真の可愛さの何万分の1も撮しきれないし。
でもって、可愛いだけの写真を載せても面白くないし。

ついついヘンな顔した時や、
ヘンな動きをした時に、
ここぞとばかりにシャターを切る。

考えてみれば、実に失礼な行いである。
スマン、ギャング共よ。

ってことで、たまには真面目に可愛い写真を。

20060715194214.jpg

おー、ウメッチくん、小首をかしげてポーズまで可愛く決めてるし


20060715194334.jpg

いやん!Gポン、すごくキュート!


20060715194509.jpg

おイモちゃん、いつもこんな風やったらイモとは呼ばれなかったやろうねぇ…


20060715194627.jpg

真性のアホかと言われ続けてるラスよ
大人っぽく、男っぽくなったよなぁ…

…なったよなぁ…

……

…んー、ちょっと馬面っぽい?

じゃ、これはどやっ

20060715194905.jpg

どアップ! あー、よけいヘンっ!

……

はい、次、次、次!



20060715195035.jpg

おっ、さすがノンスケ!しぶいですな!


20060715195134.jpg

あー、こらこら!気を抜くな~、目ぇ寄ってますでっ


えーっと、気を取り直して次の方


20060715195247.jpg

おー、ぞりおちゃーん、カッコイイ~~



と、思ったけど




20060715195339.jpg

顔デカっ!!

参った…



ま、こんなモンです。はい。


[たまには]の続きを読む
犬猫飼い主勉強会
去る7月2日に開催された「犬猫飼い主勉強会」に参加してきました。

遅ればせながら、当日の模様をダイジェストで。

07:00 AM
ハナゲの散歩。雨模様でもあり、ショートコースで近くの公園へ。
例によって、雨の中を歩くのはイヤだとごねる。

07:30 AN
1階の御一行さまトイレの掃除。
御一行さま、やけにハイテンションでハシャギまくり…。
じゃま、じゃま、じゃま!!

引き続き、皆さんのお食餌の用意。
お肉のみの予定、全員が食べ終えるのを見届ける時間が危ぶまれたので、念のために加熱で。
ソテーしたムネ肉を裂くのに、思いがけずに時間がかかり、さらに時間が押す。

08:30 AM
ひぇ~、予定では家を出る時間なり。
急遽、予定していた経路を変更。JR利用で最短コースに。

大急ぎでシャワーを済ませて出てきたら、ギャング部屋の引き戸が全開!
へ?と思ったら、ギャングダイニングでハナゲが…。
あらら、ハナゲちゃん、御一行さまの食べ残しをご機嫌で喰ってるし…。


20060707163249.jpg

ハナゲ、普通にギャング部屋でご飯食べてたし…

20060707163433.jpg

犯人は、もちろんこの方↑



ハナゲには速やかにご退場頂いて、御一行さまを点呼。
それぞれアジト、見張り台へと退避しており、全員の姿を確認。


20060707163523.jpg

被害者イモさん(1歳:職業ニート)の談
「もー、びーっくりしたわぁ!!ワンがダダーっと入って来てなぁ、バクバクってご飯食べやんねんでぇ!」


20060707163818.jpg

被害者ラスさん(1歳:職業ニート)の談
「恐かったわぁ。ラス、後から食べようと思って残してたお肉をな、ワンが食べやるねん~、もー、どうしよかと思ったわー」


20060707164047.jpg

容疑者ノンスケ(3歳:職業ニート)
「反省してますー」



は~~、いつもの事ながら、出かける前から疲れますわ~

「これに乗れたら、ギリギリ間に合うでしょう」なJR新快速にタッチの差で置いてけぼりにされて、やむなくその後の快速で。
あー、講義の最中に入室するという無礼を働く結果に。
(誠に申し訳ありませんでした!関係者各位様)

さて、勉強会のほうは。

10:00 AM
犬猫のご飯の栄養についてのお話があり、つづいて「フラワーエッセンス」のお話。

11:00 AM
再び「犬猫ご飯の栄養について」

昼休憩を1時間はさんで午後の部へ。

13:00 PM
「犬猫ご飯の栄養、主にビタミンについて」

14:20 PM
10分間の休憩、おやつを頂きました。

14:30 PM
東京の猫ホメオパスさんによる「犬猫と飼い主の為のホメオパシー」のお話。

休憩をはさんで、ディスカッションへ。


という、長時間にわたる盛り沢山な内容でした。
どの講義も内容が濃く、あっと言う間の6時間半。
事前に用意していた疑問点などは、講義で概ね解消、そして質問にも丁寧なお答えを頂け、充実した大満足の半日となりました。

出かける前の疲れもふっとび、心地よく疲れた脳みそを持って獣どもの待つ我が家へと(^ ^)

そして、今回のもうひとつの収穫。
lifeのcandyflossさんとお逢いできたこと。
ネット上では顔見知りだけど、リアルでは初の対面、どうやって探そうかなと思ってたら、偶然にも前の席に座ってらっしゃいました。
ご飯のことや、お子様たちのことなど、わずかな時間だけど楽しいおしゃべりが出来ました。
また、いつかお逢いしましょうね。


20060707164447.jpg

で、オバチャン、せっかく勉強してきたんやから、美味しいのん作ってやー



註:講義内容の詳細については、私のフィルターを通して解釈したものであります。その時点で、すでに情報の信頼性は薄れている危険もあると思われますので、あえてここに記することは控えておきます。ご了承下さい。尚、それでも構わないから聞きたいという場合には、お知らせ下さい。理解出来ている範囲内でお伝えいたします。

[犬猫飼い主勉強会]の続きを読む
またしても…
ステキな里親さんが見つかった大ちゃん、ちび太、チャーくん。
応援して頂きありがとうございました!

残るミミちゃんも絶賛里親募集中ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

さて、そして。

うーん、何ということ…。
チャーくんが里親さん宅に迎えられる前々日。チャーくん達を預かって下さっているタマキさんが新たな仔猫を保護してしまいました。

20060704204607.jpg

何と、茶シロくん…。

公園で見つけたタマキさんは、最初チャーくんが居る!と思ったとか。
もう1匹、兄弟と思われる子と一緒だったのですが、その子は口から血を流して死んでいたそうです。

無念の死を遂げた兄弟の分まで、幸せにするべく保護されました。
チャーくんの幸せにあやかるように、名前は「チャーくん2号」


そして、チャーくんのお届け日。
チャーくんを連れて、里親さん宅へ向かう途中で、ヒオキさんが2匹の仔猫と遭遇!
ダンボールに入れられて放置されていたので、もちろん保護。

20060704205310.jpg

何と言うこと…。
茶トラとキジ白、まるで大ちゃん、ちび太が小さくなって戻って来たような…。

こちらも「大ちゃん2号」、「ちび太2号」と名付けて、やはりタマキさん宅で預かって頂いています。
20060704211716.jpg

大ちゃん2号

20060704211658.jpg

ちび太2号(早々と里親さんが見つかりました!)


3匹が幸せになって出ていった途端に、新たに3匹が入って来て、結局、タマキさん宅の保護仔猫の数は変化せず…。

実はタマキさんちには、まだ他にも保護されている仔猫達が居ます。
大ちゃん、ちび太、チャーくん、ミミちゃんを預かった後に、タマキさんご自身が保護したシャムミックスのシャラちゃん。
その後で、大ちゃん、ちび太の保護主さんであるヒオキさんが、新たに保護した黒猫のララちゃん。

つまり大ちゃん、ちび太、チャーくんが居た頃は、総勢6匹の預かり仔猫が居り、タマキさん宅はまさしく保育所状態。
そのうちの大ちゃん、ちび太、チャーくんが里親さんに迎えられ、さらに先日、シャラちゃんとちび太2号に里親さんが見つかり、そろって巣立って行きました。

今は、白黒のミミちゃん(女の子)、茶トラの大ちゃん2号(男の子)、茶シロのチャーくん2号(男の子)、黒猫のララちゃん(女の子:今のところ写真が撮れていません)
この4匹の子達に良いご縁がありますように!


そして、ついでと言っては何ですが…。

公園の猫達のお世話をしているタマキさんの、エサやり仲間であるヤスさんも3匹の仔猫を保護しています。


20060704210429.jpg

ミケちゃん

20060704210457.jpg

キジーちゃん

20060704210527.jpg

シャムちゃん

3匹とも姿の良い女の子です。たぶん姉妹。
シャムちゃんは誰かに蹴られたらしく、保護当初は首しか持ち上がらない状態で、麻痺が残るかも知れないと危ぶまれていました。
治療とヤスさんの献身的な看護のお陰で、幸いにも完治しそうです。
怖い思いをしたので、ちょっとだけビビリさん。
でも、元々人懐っこい性格なので(それが災いしたのだけど…)、すぐに甘えたさんになると思われます。

それぞれ1ヶ月~3ヶ月くらいの子達です。
目にとまった子が居られましたら、まずは鍵コメで結構ですのでご連絡ください。

追って続報をアップしていく予定です。

みんな、どうか幸せになりますように!

デヴィ子の策略
20060701195851.jpg

オバチャーン、ちょっと来て~

20060701195925.jpg

なぁ、なぁ、デヴィ子のこと好き?

うん、好きやで。

20060701201002.jpg

どれくらい?

うーんと、いっぱい好きやで。

ホンマ?

20060701200315.jpg

じゃあな!
デヴィ子のご飯は、余計なモンいらんから、砂ぎも山盛りにして♪
でな、サイドメニューに煮干し♪

……。


なっ!なっ!そうしてなっ!

……。

えいっ!


20060701200514.jpg

デヴィ子ビーーーム!!!

うーーーーん、参った…。←アホ親




[デヴィ子の策略]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。