スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カトちゃん、サンちゃん、里親さま決定!
前のエントリーで少し書いたカトちゃんのお話が決まり、正式に里親さんに迎えていただきました。

カトちゃん01
カトちゃん画像再掲


里親募集の前準備段階で決まってしまうというマッハのご縁組み(^ ^)
いや、もう、何というか、大慌てで
「縁」というのはこういうモンですなぁ
ホンマ不思議といえば不思議。
でも、ホンマ良かったです。

迎えて下さったのは、料理人目指して勉強中の男子二人組

若干二十歳そこそこという年齢もさることながら、男子二人組からのお申し出というのも、珍しいケースであるので多少の不安があったのも正直なところ。

でも、いろいろお話しして、実際にお会いしたら、実にしっかりしたステキな若者達だったとか。
1ヶ月違いの先住さんも居り、そのお友達にとこの度のカトちゃんへのラブ・コール。
で、性格の良さそうな先住くんもカトちゃんを歓迎してくれたそうで(^ ^)

夢に向かって邁進中の彼らの下で、賑やかにカトちゃんの楽しい生活がスタートするかと思われます♪


そして、さらに嬉しいことが。

クロ
サンちゃん画像再掲

長らく里親募集中だった黒猫のサンちゃん。
こちらも素晴らしい里親さんに迎えられました!

小学生のお子様ふたりが居るご家庭。
そこの僕ちゃんが猫大好きで、孫の思いを叶えてあげたいとご同居のお祖母様が最初にサンちゃんを見初めて下さったそうで。

写真に撮るのが難しい黒猫のサンちゃん。
にも係わらずご家族満場一致で「サンちゃんを、ぜひ!」(^ ^)

いやー、ホント縁とは不思議(^ ^)

実はサンちゃんには今までもお話を頂いていたのだけど、お互いの条件が折り合わない部分もありで結局は成立せず。
必ず強いご縁があるはずだから、じっくり良いお家を探してあげようねとヒオキさんと話してたのだけど。

ありましたな、ホンマにエエご縁が(^ ^)


悲しいこともあるけれど、良いこともいろいろあって、本当にいろいろな年の瀬(^ ^)


応援いただいた皆さま、本当にありがとうございました!!




フー子ちゃん、チャチャくんもよろしく!!!


チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg




スポンサーサイト
ヒオキさんちのジジちゃん
ヒオキさんちのジジちゃんが亡くなった

昨日の深夜 ヒオキさんの腕の中で
ご家族に見守られながら静かに永遠の眠りについたとのこと

享年約8歳くらい

捨てられのか迷子なのか
とにかく公園に現れた時には既に大人だったとか
その時の様子があまりにも弱っていたので
獣医師も老猫だろうと診たらしく
ジジという名もじじいが由来(^ ^;

その後 ヒオキさん宅に迎えられ
元気溌剌になった頃には もしかして?
この子けっこう若いのかも…

結局ははっきりした年齢は分からずじまい
でも うんと若く見積もっても当時1歳くらいとして
ヒオキさんと暮らした月日を加えて
やっぱり7歳から8歳かなという判断

ジジちゃんが腎臓を悪くして
ホントにいよいよ具合が悪くなったのが去年のこと
腎臓というのは再生不可能な臓器なので
日々いかに快適に そして少しでも良い状態が続くようにと
ご飯を工夫したり 点滴をしたり

仕事と主婦業と母親業とさらに内外の猫の世話
その中でのジジちゃんのケアは
聞いてる方が辛くなるくらい大変だった

ジジちゃんが亡くなる何時間か前に
ヒオキさんから電話があり
ジジがいよいよ食べなくなったと
その時点では既に食餌は食べられずにいて
栄養剤を少しずつ強制給餌していた
少しでも栄養を補給して 
また自力で食べられるようになればと
祈るような思いで
栄養剤を少しずつ少しずつあげていた

そんなヒオキさんの気持ちに
ジジちゃんはずっと応えて頑張って来たのだと思う
もうダメかと言いながらも何度か復活して
昨日まで来たのだ

ジジちゃん 大好きな人と一緒に
すごく幸せな時を過ごせたのだろうと思う


いつかは必ずくる別れの時
仕方ないことなのだけど やっぱり辛いね


ヒオキさんもジジちゃんも 
ホントにお疲れさまでした


合掌





さて ちょっと良い話も

先日、保護したカトちゃんにご縁のお話が進んでいます←はやっ!
まだ正式には決まっていないけど、良い方向に行くのではと思います。
どうか良いご縁でありますように!!



こちらの子たちもご縁を待っております~


チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
義兄弟
nonnume01.jpg
ウメッチくん(左)とノンスケくん(右)
仲良く 香箱



nonnume02.jpg
この光景 なんだかちょっと

nonnume03.jpg
笑いを誘う

nonnume09.jpg
ウメッチ おネムで

nonnume10.jpg
と思えばノンスケ おネムか

nonnume06.jpg
ノンスケ:何がオモロイねん!


あ いやいやカッコエエよ!いつも
        ↑
   ノンスケはこのセリフに弱い



ウメッチはノンスケ・デヴィ子が1歳過ぎの頃に
初めて迎えた新入りだったわけで
実の兄弟ノン・デヴィと やっぱり実の兄妹のウメ・Gは
いわば義兄弟・義兄妹←あーややこし

実兄弟・実兄妹同士はもちろん仲良しなんだけど
この義兄弟・義兄妹も仲が良い
特にノンスケはウメッチの事が可愛いようで
気の弱~い チョロいウメッチの事を
何かと言うと気に掛けている様子

時には説教してみたり 
時には宥めてみたり
時には護ってみたり

徹底的マイペースなデヴィ子と比べ
こまめに気配り出来るノンスケは
御一行さま全体のリーダーなんだけど
ノンスケ的には最も気に掛かるのが
ウメッチのようで

ウメッチはウメッチで何かと
ノンスケには一目置いてるというか
頼りにしてるというか




nonnume04.jpg
身体は圧倒的にウメッチがデカイのにねぇ



遠近法によりデカサがより強調か?


では ちょっとアングルを変えて


nonnume05.jpg
でもやっぱり圧倒的にウメッチが大


nonnume08.jpg
いや いや どんだけアングル変えても
ウメッチがデカイ



nonnume07.jpg
デカイ弟ちっこいアニキに頼る


麗しい義兄弟の絆
微笑ましいことです はい


nonnume11.jpg
で どこにでもイッチョ噛みにくるのが

ウザ男@ラスくそ←この方が最もミニ



●今日のオバ飯●

シチュー01
クリームシチュー

寒い季節のお手軽オバ飯
和の鍋に対して洋の鍋
ニンジンは嫌いなので色味が侘びしい
   ↑
 はい お子様です


ボーイさーん、ラスにも同じものを♪
シチューとラス
ここにもイッチョ噛みにくるウザ男
どこにボーイが居るねんっ



この方々はウザくない可愛いお子様方です~~
     ↓
     ↓

チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
チビッコ追加!
と言っても我が家ではなく、またヒオキさんがまたまた出逢ってしまいました…。

カトちゃん01
カトちゃん(仮名) 茶トラの男の子 

昨日、保護したばかりの2ヶ月くらいのチビッコです。既に里親募集中のサンちゃんと同じく職場の駐車場で発見されました。
今回はタマキさんではなく別の所で預かってもらっています。健康診断やワクチンはまだこれからで、今はご飯を食べてぐっすり眠っているとのこと。
様子が落ちつき次第に改めて里親さんの募集をします。
すごく可愛いカトちゃんなので、取り急ぎのご紹介でした。

どうかよろしくお願いいたします!!





で 何の脈絡もなく

ちんまり
久々のデブの画像を

ちんまり座ってる姿が笑えた 可愛かったので



デブからもお願いいたします~



チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg


いないのは?
毎度おなじみの猫団子

うじゃうじゃごちゃごちゃ重なりあって

誰が誰か分かるかな(^ ^)

dango081128
クリックで正解が


さて また約1名が居らず…


●今日のオバ飯●

サゴシ
サゴシの切り身が安かったので魚すき風に

魚を食べるには勇気と根性が必要
あるいはギャングよけのワザが
この日は刺身の切り落としが破格値
さらに目玉商品でサゴシの切り身

まずはギャングの皆さまにお刺身を振る舞って
充分にご満足頂いた上で魚すきを
魚チリでポン酢で食べようかとも思ったのだけど
何となく薄口醤油のお出汁が恋しい気分だったので
美味でしたわ ほほほ

昆布とサゴシでエエ塩梅のお出汁が出たので
残った出汁でウドンに仕立てるのも良いですな


で はい 次の日のランチ

うどん
鍋焼きウドン♪
青味が足りませんな


とにかく簡単・楽チン・手間要らず
かつ 暖まる
寒い季節はオバ飯にはありがたい~




チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg


居ないのはおG。これを撮るまでチュパしてたから。この後みんなと合流。

近頃のお2階さん
ikkenn
すごく仲良さそうに見えるけど

実際はそうでも無くて


ikkenn02
かといって 仲が悪いのかというと
そうでも無くて←どっちやねん!



下の御一行様のようにダンゴで寝たり、しょっちゅうレスリングやら追いかけっこするような、そういった仲良しでは無い。

同居当初はお嬢ことカーリーが、ジュリアことオッサンが近寄る度に怒りまくってたし、シャーッとかフーっとか時には唸り声も聞こえて、隣の仕事場でその度にドキドキしてた。
でもまあ、すぐに静かになるし、本格的なケンカに発展してる気配も無かったので、ホッと胸をなで下ろしながらスルーしてた。←横着モノのオバチャン


konnseki01
それが1年を過ぎた頃から、なんとお嬢の方からオッサンにタックルしてみたり。←初めて見たときはビックリ!
抜き打ちでヤツらの部屋の家宅捜索に行くと、ケージの2階と3階で平和に仲良く昼寝してたり。
夜中にドタバタと運動会らしき音が聞こえてたり。で、そんな翌朝には、部屋の各所に祭りの後、悪事の痕跡が見られたり。

konnseki02
それなりにご機嫌に暮らすお嬢


nedoko
ケージの屋根がお嬢の寝床


bed02
今や 住み慣れたゾリ部屋(元獣1号部屋)


ie01
ドーム猫ベッドを新設するも何故か不人気

madobe01
窓辺がお嬢のお気に入り

madobe02
オッサンも窓辺がお好き


madobe03
窓辺のオッサン


オッサンは最初の頃からお嬢が好きみたいで、好意の表明としてか何とかお嬢にグルーミングしようと頑張っていた。
もちろんお嬢は「あり得へん!無礼者!!!!」と拒否。その度に気の毒なオッサンには「気持ちは分かるが、いきなりは無理無理。刺激が強すぎるから焦るなよ~」と慰めていたのだけど。
最近ではお嬢も素直にグルーミングを受けているらしく、時々お嬢の後頭部とか背中の毛がツンツン立っている。
いや、オッサンは不器用というか大雑把というか、毛の流れを無視したようなグルーミングをするので、結果お嬢の毛があちこち寝癖みたいに乱れてるのだ。




huyu01
お嬢は亡婆さんに一人っ子として大切に育てられ、一心に愛情を独り占めしていた。
そんな暮らしから一気に大家族な我が家に投入され、変なオッサン(カーリー的には)との同居を強いられた。
その不本意さ無念さは計り知れない。

でも、その代償として親以外の、そして自分以外のグルーミングを受けることが出来た。
それがお嬢にとって心地よいものなのかどうかは分からないけど、拒否していないところを見れば決して不快なものではないのだろうと思う。

猫は孤高の生き物であるとか、群で暮らすには向いていないとか、よく言われるけど。
慣れたら共同生活の楽しさ、暖かさもまんざらでは無いように見える。というか、彼らの順応力の高さにはいつも関心させられる。もしも自分だったらと想像したら特にね。
自分が難しいと思われることを、見事にやってのけてみせるヤツらには脱帽だ(^ ^)


huyu02
ところで冬のお嬢はフカフカデブデブだけど


natu
こちらは今年の6月頃の写真

お顔すっきり小顔なお嬢
別猫みたいにチャーミングですな

あ いやいや 冬のお嬢ももちろん別嬪ですで


で 年中かわりなしのオッサン

kaodeka
相変わらず 顔デカっ



チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
最近の猫ご飯
ご飯-ラス
ウザ男ことラスくそ


imomesi
おイモ
皆が食べ終わったギャングダイニングで

居残りで給食食べさせられてるみたいな光景


zorikarimesi
お2階組も仲良くバクバク

karimesi
亡婆さんがかつて手を焼いたカリカリ派のお嬢も
今では何でもバクバク
これ ホントに何でもバクバク
逞しく成長してくれました(嬉)


一時期手作りご飯からカリカリに戻した
もちろん皆さん大喜び(涙)
そりゃ 手間は掛からないし喜ばれるしで
ついついカリカリを続けた数ヶ月

ジュリアことオッサンこと ぞりおが頻尿に
結石症を患ったことのある ぞりお
こら アカンと水分たっぷりのご飯を復活

カリカリに慣れた鼻・舌を戻すべく
ジャンクな猫缶をミックスして
かつての生肉・ゴッタ煮野菜のペーストご飯を再開
ま 皆さんその時々で多少の文句は出るものの
概ね良好な喰いっぷり
特に寒くなったので全員食欲増進

ええことです


さて

●今日のオバ飯●

ginshari
銀シャリ

気が向けば1合だけ一人用の土鍋で炊く
電気炊飯器より短時間で炊けるし
何より美味い!

特に米好きでもなく
ご飯がなくても平気
それでも時々 ドカンと米が喰いたくなる
根野菜のみそ汁と土鍋ご飯を同時進行で
不精者のスピードクッキングなスローフード

えっと とっても矛盾のある日本語ですが…
いや 細かいことは気にするな(^ ^)

1合飯は1食では食べきれないので
翌日のお昼にみそ汁加えて「おじや」に展開


ojiya01
標準語では雑炊?
卵は溶いて最後に回し入れるのが本来だけど
最近は混ぜずに堅めの半熟(これまた変な日本語)に
がお気に入り

ojiya02
この時のみそ汁の具は豆腐・ウスアゲ・ワカメ
出汁の昆布も煮干しも全部喰っちまうので
栄養価は良好

いや アンタのショボイご飯なんかどうでも良いし
という向きもあろうかと推察しますが(^ ^)
「ちゃんとご飯喰ってるか?」と煩い者への私信として
気が向いた時のオバ飯記録ってことで
軽くスルーの方向でお願いいたします>各位



チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。