スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
天使が地に墜ちて クソとなる
くしょ

最初は天使 そして地に墜ちたとは言え まだ王子
それが 今ではウザ男
しかも 普段はクソと呼ばれてるし…

ああ 栄光から一気に転がり落ちた男
哀れなり

で 何でラスが王子だったかと言うと
保護当時は命に関わる大ケガを負っていたから

生後2週間の いわば猫未満の仔猫というのは
吹けば飛んで消えてしまいそうな小さな命で
聞くところによると猫はとびっきり子育て上手だとか
無骨な人間がそれに代わってミルク飲ませたり
オシッコさせたり ウンチさせたりと
まったく責任重大で気が抜けない

そこへ持ってきて後ろ足両方が骨折 先端は壊死
壊死部分を切れば回復も早いのだけど
何せ赤ちゃんなもんで手術も出来ず

ああ 何と気の毒な子だろう
何としてでも命は助けてやりたい
信仰心のない私が思わず神に祈ろうかと思うほど
どっぷりと悲劇に浸ってましたな(照)

で まあ滅多にしない祈りが通じたのか←コラッ
命の危機は脱しユルユルながらも順調に成長
でも後ろ足の先は両方無くしたので
ハンディを持つ不憫な仔猫ラス
健気なラス王子と
でまあ 周りの人にも皆さんそれはそれは
暖かく見守り応援いただいたもので

この子は思いっきり甘やかして
世界一我が儘な子に育てる!


と豪語してみたり
はい まだまだ浸ってましたなこの頃は

くしょ02

月日の経つのは早いものでクソも今年の春には4歳 
見事に育ちましたがな

我が儘でノー天気でウザイ子に

飛ぶは 走るは 無駄に騒ぐは と
普通に皆と同じように暮らしているので
今となっては哀れさはゼロ
だからこっちも普通に怒ったり叱ったり
             ↑
         誉める要素は殆ど無し

でも まあ すごく高い所はちょっと無理だったり
足をピョコピョコ引きずりながら歩いてたり
そんな様をしみじみ眺めると
なかなか健気でいじらしい子かもとも思ったり

クソは今では天使でも王子でもないけれど
後ろの足の先が両方共ないけど
普通に何でも出来る立派な猫なのだ



携帯カメラなんで画質は悪いけどラスの足はこんな風
        ↓
くしょ03
先端のない後ろ足 右が膝くらいで、左は足首くらいまでしか無い


クショ04
見慣れない人にはグロテスクかな?
苦手な人には申し訳ないです 軽くスルーでお願いします

こうして改めて足を見ると不憫そうだけど
昼寝前の気怠く穏やか~な一時にも
ノリノリで一人狩りゴッコで騒いで
みんなの冷たい視線にも気付かないKYで

とにかく性格がめっぽう明るい

だから まあ その つい
アホラスとか ラスくそとか呼んでしまうし(苦笑)

大家族の中で育ったからこそかなとも思う
猫同士 誰も特別扱いしなかったし
ごく普通に取っ組み合いして走り回って
「ちょっと鈍くさい子」程度の位置づけで育った
それを見てるこちらも特別扱いするのを忘れたし
もしもクソ一人だったら未だに悲劇の子として
浸りきっていたかも と思ったり

お陰で心おきなく
アホとかくそとか罵倒しつつ
虐めることが出来る日々←鬼
         


※【一人狩りゴッコ】 一人で待ち伏せて襲いかかる役と、不意に襲撃を受けて立ち向かう役の二役を努める妄想遊びの一種。その時々で色々なシチュエーションがあるようで、いかにも恐そうな声を出しつつ見えない敵と戦う様は見る者の苦笑を誘う。



いよいよ残るはフー子ちゃんです。
美人のフー子ちゃんをよろしく!
     ↓
fu_san_cha.jpg
スポンサーサイト
チャチャの話
里親募集しているチビッコたち

fu_san_cha.jpg

このうち黒猫のサンちゃんは良いご縁に恵まれて、昨年末一足お先にと新しいお家に巣立って行った。
で、残るはキジサビのフー子ちゃんと、茶トラのチャチャなんだけど…。

チャ04
保護当時のチャチャ 再掲


実は、チャチャは現在行方不明。
ヒオキさんが買い物途中に見つけ、保護していつものようにタマキさん宅で預かって頂いて、健康診断から駆虫、そして体調が整って可愛い写真を撮って里親募集へと、保護猫のお決まりのコースを辿るはずだった。
このブログでもフー子ちゃん、サンちゃんと合流させてバナーを作って、取り敢えずの募集の準備もした。

そのチャチャがタマキさん宅から居なくなったのだ。

タマキさんちに預けられて1週間目。保護されてから10日くらいのこと。
朝早く、公園の猫の世話をするためにタマキさんは家を出た。留守にしたのが1時間くらい。帰ったらチャチャの姿はどこを探しても見当たらなかったとか…。
見れば2階のベランダが少し開いていて、恐らくそこから出てしまったか、あるいは落ちたのだろうと。すぐに家の回りを探したものの気配すらしなかったという。

連絡を受けたヒオキさんは絶句。もちろん私も絶句。

「この子を探しています」のポスターを作り、チラシを作り。思いつくことは一通りやってみた。
特にヒオキさんはチラシのポスティングにご近所の聞き込みにと、本当に労力を惜しまず頑張ったと思う。本格的な寒さに向かう時期だったので、1日でも早く見つけてあげたいと必死だったのだ。
それでも何の情報もなく、姿を見かけることもなく、時間だけが残酷に過ぎて行った。

猫が脱走したり、思いがけず外に出てしまった時、たいていの場合はすぐ近くに居ると聞く。
もともと猫の行動範囲は広くは無いし、外に出てしまった事で軽いパニックを起こし、ただただ隠れて潜んでいることが多いらしい。
特にチャチャはまだ3ヶ月の仔猫だし、たったの1時間で遠くに行くというのも考えにくいと思うのだけど、どれだけ探しても見つからない。

ものすごく希望的観測で、誰かに保護されたとして、(でも早朝ということで、可能性は低いと思うのだけど)それならそれで、せめて安否の確認だけでも出来ないものかと思ったりもした。
そのチャチャ探しの過程で遭遇したのが、昨年末サンちゃんと同じ頃に里子に出たカトちゃん。ここでは取り上げなかったけど、警察に保護されていたキジトラの女の子。(茶トラの男の子のはずが実はキジの女の子というオチ)この子達はチャチャの誤情報として入って来たのだけど、当然ながら「違ったね~」で放置するわけにもいかない。チャチャ繋がりとして保護して、里親さん探しをした。
で、良くできたもので不思議にあっと言う間に縁が見つかり、あっと言う間に送り出すことになった。ちょうどヒオキさんちのジジちゃんの具合が悪い時期で、正に悲喜こもごもな日々だった。

そして、先日のことネットの迷子探し掲示板に情報が入った。
ヒオキさん曰く、月齢から見つかった時期から、該当部分がすごく多いと。でもアップしてある写真を見ると似てるようでもあり、違うようでもあり…。

考えてみればチャチャが居たのはわずか1週間。ヒオキさん自身が一緒に過ごしたのは2日。
顔から体格から変化する時期の仔猫。しかも全身茶トラの長い尻尾と、柄や体型に決定的な特徴がない。今見てもチャチャかどうか見分けることは難しい。
結局のところは直感で判断するしか無いだろうと、とにかく保護されている方にコンタクトを取り、ヒオキさんは実際に確かめに行った。

で、やっぱり分からなかったと(- -;;

ただ、ちょっと嬉しいことが保護してるのがとても良い方で、さらにその茶トラくんを見初めて里親の名乗りを上げて下さる方にも恵まれていると。
長年暮らした愛猫さんを亡くされたばかりのご夫婦で、保護主さんが信頼の置ける方々だという。
もちろんトントン拍子にお話は進み、その茶トラくん(チャチャくんと呼んで下さってたらしい)はすでに幸せを手に入れた。

さて、チャチャの話。

今後、どんな情報を得て、どんな茶トラくんを見ても、ああ確かにこの子がチャチャに違いないと、そんな風に思える時は来ないだろう。だからここでチャチャの里親募集は打ち切りにしようとヒオキさんと決めた。
ただし捜索は打ち切らず、今までどおり情報があれば確かめるし、チラシが無くなれば追加する。

チャチャがどこかの路上で逞しく生きているか、あるいは親切な人に出逢い、幸せな家猫として暮らしているか。ただ無事で居てくれることを願いながら。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


このチャチャの行方不明の一件については、本当は書かずにいようと思っていました。里親さんへの条件として、「完全室内飼育」と「脱走対策の完備」をあげている身としては、あるまじき失態であると思うから。今回の茶トラくんの件をもって、チャチャの里親さん決定として終了に繋げようかと、ちょっと姑息な考えを持っていました。
ただ、命のやりとり、大切な子達の運命をかけて、誠実な里親募集の在り方を考えた時に、きちんと事実を書くことが筋であり、それが不憫なことをしてしまったチャチャに対する誠意ではないかと思い至りました。

チャチャのことを気に掛けて下さった方、見守って下さった方、本当に申し訳ありません。
私共の不注意により、チャチャは可哀想なことになってしまいました。前述のように、今後もチャチャの行方は探し続けます。そして今後は誰も脱走させることなく、保護猫たちの安全対策に努めます。
チャチャを巡って2匹の茶トラと1匹のキジトラの子が、幸せを手に入れることが出来ました。妙な巡り合わせではありますが、チャチャが運んでくれた縁と考え感謝しつつ3匹は送り出しました。
これをもって、チャチャの募集は終了といたします。これまで見ていただいたこと心から感謝いたします。

いよいよ残るはフー子ちゃんです。ここで仕切り直して、フー子ちゃんにはとびっきりのご縁を見つけて上げるつもりです。どうか今後ともよろしくお願いいたします!

     ↓
fu_san_cha.jpg
エアコン大好き~
エエわぁ
エ エアコン~


ぬ、ぬくい
ぬ 温い~~
あーー イモぉ~ 温い~~~


ノンスケ…
そこまで感激しなくても…


ウチは基本的に冬はエアコンを付けない
節電対策もあるけど 
上ばっかりボーっと暖まり
足元は冷え冷え 部屋は乾燥しまくり
なーんか下手くそというか
頭の悪そうな暖房器具やなぁという私の偏見から

幸いなことに 今は具合の悪い子や
高齢の子は居ないので
よほど冷え込みがキツイ時以外はエアコンはオフ
皆さんには毛布とか 猫ベッドとか
後は各自の放熱を効率よく共有することで
暖をとってもらっている
(早い話が猫団子ですな)


でも来客時にはそういう訳にも行かないので
客人が居る時には当然ながらオン


いやぁ ギャングの皆さま大喜び♪
特にご機嫌なのがこの方
    ↓
ノンイモ01
エアコン大好きなノンスケくん(右)


ノンスケは冷房も暖房も大好き
スイッチが入ると すぐさまエアコンの真下
食器棚の上にジャンプ!
送風口に貼り付いて 風向きを自分の方にセット


エエわぁ02
エエわぁ エアコン最高!!





ノンスケだけでなく思いは皆さん同じ様で
あっと言う間にエアコン下の食器棚の上は満員
場所取りで時には醜い争いも起こったり

で まあ みんな上の方が暖かい事に気付いて
どんどん高い所に 上がること上がること

デヴィ&ウメ
デヴィ子(右)ウメッチ(左)こちらは
見張り台の上で暖かさを満喫




この時 ちょっと気の毒なのがこの方
     ↓
クショ
ラスくそ
気が付けば 誰も居ない…


ラスはさすがに食器棚の上にはジャンプ出来ず
デヴィ子とウメッチが居る見張り台なら
何とか上がれるのだけど
ご本人はそこまで頑張る気は無さそうで

クショ02
ラス ここでエエもん


……

やっぱり ウチはエアコンはオフっ!!

皆さん 頑張って放熱して下さい~



チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
フレンドリーというか、何というか
お茶漬け
お茶漬け

年末年始の飽食で 疲れた胃に優しく
その完成された調理法は
まさに全世界に誇れる代表的な和食←ホンマか?


あ まあ そんな事はさておいて

最近のギャング御一行さま
客人が来ても動じない
以前はお客さまよーこそーな約2名を除いては
来客を告げるピンポンが鳴ると同時に
第一アジト(押入)に向かってダッシュ!
が当たり前で

アジトから様子を窺いつつ
しばらくして ようやく出たり隠れたり

中にはずぅーと籠もったままで
客人が帰るまで ついに姿も見せず
なビビリん坊なアカンタレが多かったのだけど

今回は誰も隠れず

地方在住の友人が帰省中の僅かな時間で
ちょこっと尋ねてくれた


御一行さま みーんな普通

その辺ウロウロしてるし
当たり前みたいにテーブルに乗ってくるし(怒)
客人の膝に乗ってアピールするし

デブ&ベガ
デブ(右)とベガ(左)冷蔵庫の上
デブなんかホンマ幻の猫やったのにねぇ


ノン&イモ02
ノンスケ(右)とイモ(左)
ノンスケはともかくとして
隠れん坊ビビリン坊のおイモも普通にウロウロ


いや まあね
エエんですけどね


この友人は猫好きではなく
どちらかと言うと動物には慣れていない
それでも猫がイヤではないということで
猫まみれ 毛まみれの中に強引にご招待
ははは~
さすが エエ根性してはります( ̄ー ̄)



いったん隠れても割とすぐに出てきたり
元から隠れようとしないギャングも増えたりと
御一行さまの平常心ぶりは
最近チラホラ現れてたのだけど
今回はついに全員がそのまんまという快挙

ふむ

この際キャット・カフェでも開くか( ̄ー ̄)

何がヤツらを変えたのか
ちょっと興味深いところではある



フレンドリーな猫予備軍はコチラにも
     ↓
チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg

コーヒー飲もうと
20090101190850
腰を下ろして

寒いから 膝に毛布かけたら

あっという間にこのありさま…

重量オーバですがねぃ…

皆さん ご機嫌さんで
いびきまで聞こえて来るし…

嗚呼 お正月
今年もよろしくお願いいたします
3ギャング
布団の中、携帯カメラで激写
右からウメッチ、隣がノンスケ、その上がおG


ベッドの中 左腕に群がる面々

最初にノンスケが腕枕ゲット!
続いてウメッチが巨体を隙間にめり込ませる
さらにGねーさんが負けじと覆い被さる


新年早々ぼやけた写真で失礼いたします~

巨大猫団子と並ぶ寒い季節の風物詩
特製猫アンカ
猫と暮らすご家庭ではお馴染みのものですな(^ ^)



ドアップ
ノンスケくんご機嫌さん(^ ^)
Gねーさんに乗られて重くないのか?(^ ^;;



ホカホカとあったかーくて
この上ない至福の時




ちと腕が…
寝返りが…



重い…(上に乗る方々もいらっしゃるし)
ちなみに この時は腹の上あたりにデヴィ子さん


でも まあ

手足が痺れようと
動きがとりにくかろうと
重かろうと

心身共に温めてもらえるのは
この上ない幸せ(^ ^)




この幸せをかみしめつつ
今年も だらだらとユルユルと
スタートいたします~

ギャング一同 
謹んで新年のお慶びを
申し上げます




フー子ちゃん、チャチャくんにも
良い年になりますように!


チビッコ達のお家探しです
     ↓
 コチラをクリック
fu_san_cha.jpg
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。