スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
追悼
越後屋はなにゃんさんの所に、小さな新人さんが増えた。
と思った矢先に、その新人さんは短すぎる生を終えた。

新しい命と出逢うのは恐い。
係わる責任の重さ、そしてもう一つ。
その命を失うことだ。
それが今よく分かった。

ほしちゃんと名付けられた新人さんは、交通事故によるケガが元で無くなったそうだ。
棄てられたのか。
母猫とはぐれたのか。
いずれにしても、3カ月に満たない仔猫が外で生きるのは難しい。

棄てた人間が居たとして、その人間を呪うことは簡単なことだ。
でも、それで何が救われる訳でもない。

棄てるなら、生ませないで欲しい。
不妊手術もせずに、猫を表に出さないで欲しい。
猫は勝手に沸いてくる訳ではない。

大事な猫を、外には出さないで欲しい。
猫が外で自由に過ごせる時代ではないのだから。
出してやるのが愛情と思い込んでいる人は、現実を見て欲しい。

確かに、猫の姿の見えない街は健全とは言えないのかも知れない。
でも既に、健全な街なんか存在しないのだ。


無駄に生きている命とか、無駄に死んでいく命はあっても、無駄に生まれる命はどこにも無いと思う。

ほしちゃんが教えてくれる事は多い。

まずは我が身を振り返ってみる。
縁合って出逢った子達、まっすぐにこちらを見るその目はどれもキレイだ。
その目に確かに応えているか。
出逢った頃の自分の気持ちに、恥じない自分で居続けているか。

出会えたことと、元気で居てくれていることに感謝をして、限りある時間を少しでも悔いの無いように…。

ほしちゃん、生まれて来てくれてありがとう。
安らかに眠ってください。
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
あまりにも短くてあっけなく逝ってしまった「ほし」ですが、
こんなにも想いをよせていただいて・・・
昨日からの雨もあがりました。
旅立ちの時間です。
2005/08/21(日) 12:21:24 | URL | 越後屋はなにゃん #3aDKp7XM[ 編集]
お悔やみもうしあげます。
何も申し上げる言葉が見つかりませんが、ほしちゃん 安らかに。。

必ず、越後屋はなにゃん様の元へ生まれかわって、家族になってください。
2005/08/21(日) 13:27:01 | URL | uutaro #-[ 編集]
改めて
理路整然としたひ・さんの記事に、うんうんとうなづくばかりです。
私も、猫が自然の中で猫らしく生きていく環境は、少なくとも私の自宅周辺には残されていないと思っています。
室内飼いというと、どうしても、猫を家の中に閉じ込めるという印象を与えがちで、可愛そうと言われることが多いです。
「現実を見て欲しい。」
切実にそう思います。

つたない文章ですが、トラックバックさせて頂きました。勝手にすみません。

2005/08/22(月) 01:07:09 | URL | Kei #-[ 編集]
はなにゃんさん、こちらこそ
改めて出会えた命の大切さを思い出す良い機会を頂きました。
(いや、忘れてる訳でもないのですが…)

はなにゃんさんの辛さ、悲しさ、悔しさ、せつなさ、寂しさは、計り知れないものがあるかと想像します。
一番辛かったろう時期にも、いっさい感じさせる事無く、明るく振る舞っておられたのには、心から敬服いたします。

これもまた、大いに学びたいところです。
本当にありがとうございました。
2005/08/22(月) 13:09:24 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
uutaroさん、ありがとうございます
猫の訃報は本当に悲しいです。

まったく知らない仔猫さんではありますが、何故か心に強く伝わるモノを感じてしまいました。

私がお礼を申し上げるのも筋違いなのですが、お悔やみの言葉をありがとうございます。
ほしちゃんにも届いてる事かと思います。
2005/08/22(月) 13:13:08 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
keiさん、結局のところは
避妊・去勢、そして外に出さない。
これに行き着きますね。

カーリー、ラス・ベガ・スと夢中で保護した時に、死なせるのではないかと、本当に恐かったです。
ありがたい事に、どの子も本当に元気に育ってくれて、私は実に恵まれているのだと感じます。

トラバありがとうです(^ ^)
keiさんの思い、強く胸に響きます。
2005/08/22(月) 13:20:15 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
みなさま、ありがとうございます。
>uutaroさん、keiさん
小さな命、頭のカイカイ(ダニ)が不憫で写真を撮るのもためらったため保護したのも公表してませんでした。
まさか、こんなにあっけなく逝ってしまうとは・・・
後悔ばかりです。

みなさんに心を寄せて頂いて、ほしは本当のキラキラ星になれたなと、
とても気持ちが救われた気がします。
改めて、お悔やみの言葉をありがとうございます。
いつか、また出会えると信じてます。
2005/08/22(月) 22:28:24 | URL | 越後屋はなにゃん #3aDKp7XM[ 編集]
はなにゃんさん、時間の長さではないですが
それでも、余りに早すぎるお別れは辛いですね…。

運命とか、寿命とか、私には分かりません。
でも、ほしちゃんは確かに、はなにゃんさんの所を選んで行ったのだと思います。

アホやねぇ、ほしちゃん。
もうっちょっと早くに行っておけば良かったのに。
チッコイから、はなにゃんさんのお家を見つけるのに時間がかかったんやろうね。
それでも、ちゃんと辿りつけたのやから、ほしちゃんはエライ!

ホントに、今度は絶対に寄り道せんとな(^ ^)
2005/08/23(火) 07:09:22 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zerolab.blog2.fc2.com/tb.php/102-4de56d68
この記事へのトラックバック
はなにゃんさんのお宅のほしちゃんが、お星様になった。気の利いたお悔やみの言葉も浮かばないが、率直に悲しい。交通事故で負った怪我が原因とのこと。お顔にダニでかいかいが出来て、交通事故に遭って、でもはなにゃんさんに出逢って、小さな身体で手術にも耐え、これから
2005/08/22(月) 00:44:23 | ニャン太郎通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。