スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
受難
20050213030753s.jpg

アカンわ…。
Gちゃんダメみたい…。

20050213030822s.jpg

前にデヴィ子ちゃんの耳の横を噛んで、ハゲにしてしまった事は悪かったと思うわ。

いっつもノンちゃんのオヤツを横取りしたのも悪かったと思うわ。
でも、ノンちゃん食べるの遅いんやモン…。

20050213030854s.jpg


ああ、みんなと暮らせてGちゃん幸せやったわ。
ウメちゃん鈍くさくて、時々ウザかったけど…。
スーチン、いつもキャーキャーおしゃべりで、うるさかったけど…。

20050213030920s.jpg

みんな、ありがとう。ありがとう。
Gちゃん可愛いから、みんな忘れるはずは無いと思うけど…。

……
先月Gが避妊手術を受けたのであるが、病院から帰ってきたGの落ち込みぶりは大変なものだった。
20050213043051s.jpg



男の子の手術に比べて、女の子の手術は負担も大きいという。
また心身共にダメージの受け方は、個体差が激しいと言うことも耳にしていた。
それにしても、あの「動じない女」であるはずのGが、これほどまでに落ち込むとは意外であった。

当日は食欲の無い子も多いと聞いたが、Gは翌日の夜まで水すら飲まなかった。
用を足しにヨロヨロとトイレに向かう以外は、ぐったりと横たわっている。
このまま弱ってしまうのではないかと、一時は本気で不安になった。

そして弱り切ったGに追い打ちを掛けるように、デヴィ子とウメッチの「シャーッ」攻撃が始まる。
20050213041642s.jpg

大馬鹿者たち


消毒薬の臭いを嫌うのか、病院から戻った子への威嚇もよく聞く話ではある。
よく聞く話ではあるのだが、仮にも血を分けた兄妹であるウメッチにまで威嚇されたのでは、あまりにGが哀れである。
20050213041825s.jpg

薄情者、ウメッチ

人とは違い、猫は姿形で認識しているわけではないだろうから、臭いや様子などに変化があると、よそ者と判断するのかも知れない。
デヴィ子にしてみれば、「誰?この子っ!」
「オバチャン、Gちゃんをどこにやったんっ!」という具合なのかも知れない。

それでも、平和主義者のノンスケは一度も威嚇することなく、Gの側で見守るように付いていてくれた。
さすが、我が家のリーダーである。
20050213041938s.jpg

見守るノンスケ。

20050213042012s.jpg

優しいノンスケ。Love&Peace。


一時はどうなるかと思われたGであるが、3日目頃からは食欲も戻り、傷もほぼ順調に回復していった。
デヴィ子とウメッチはと言うと。
20050213042125s.jpg

例によって、デヴィ子は2日ほど「シャーッ」したら気が済んだようで、3日目頃には普段通りにGを受け入れる。
ウメッチは当然のように、デヴィ子の右に倣う。

20050213042148s.jpg

普通は嫌がる子の方が多いらしいエリザベスカラーを付けてゴキゲンなG。


それにしても、女の子の避妊手術は想像以上に負担が大きいモノだったのだと、改めて感じさせられた。
コメント
この記事へのコメント
ノンさん
カッケ━ヽ(゚∀゚ )ノ

Gさん、デムパ受信中w
2005/02/13(日) 10:29:45 | URL | S #BmPKcXLw[ 編集]
うちも4月頃には予定しているので
身につまされました。
ジちゃん元気になってきて、よかったですね。傷口も早くっつくと良いですね。
初めまして、時々拝見させていただいてます。
昨年10月31日に風邪と栄養失調で死にかけた女の子を拾い、一ヶ月の入院と現在も続く通院の結果、やっと来週に1回目のワクチンが打てるまでになりました。食が細く月齢のわりに成長が遅れていますし様子を見ながらということですので、予定より遅れるかもしれませんが、今から不安ですね。
正しい方法だとは思いませんが、我が家の経済状態とかけてあげられる時間を考えるとこの現実の中の最善の方法だと思ってます。獣医師は先住の男の子も手術してくれた手術の上手い先生です。
それでも、あの小さな体にかける負担を思うと辛いですね。


2005/02/14(月) 01:53:25 | URL | 樹梨 #-[ 編集]
Gはすっかり元気になりました(^ ^)
>樹梨さま

ありがとうございます。
そして、私が言うことでもないのですが、死にかけてた子を迎えて下さって、愛情を掛けて下さって、ありがとうございます!
猫ちゃんに変わってお礼を言わせてくださいね(^ ^)

そうですね。
猫の事を考えて行う、現在においての最善の選択とは思いますが、やはり小さな体への負担と麻酔等のリスクを考えると、ちょっと辛いです。

でも、それ以上に、発情によるストレスや、女の子の場合は子宮・卵巣系にまつわる病気のリスクから開放されることは確かだと思うので、手術に対する迷いはありません。

Gは抜糸も無事に終え、傷もキレイにくっついて、今では元気炸裂の暴れん坊に戻っています(^ ^)
Gの後にスーチンとカーリーの手術を先日行ったのですが、Gと比べると全然へっちゃらだったようです。
本当に個体差は大きいのだと思います。

樹梨さんところの子も、出来るだけ負担が少なく終われば良いですね(^ ^)
今後ともよろしくお願いいたします。
2005/02/14(月) 15:07:06 | URL | ひ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zerolab.blog2.fc2.com/tb.php/16-839bab56
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。