スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
天使が地に墜ちて クソとなる
くしょ

最初は天使 そして地に墜ちたとは言え まだ王子
それが 今ではウザ男
しかも 普段はクソと呼ばれてるし…

ああ 栄光から一気に転がり落ちた男
哀れなり

で 何でラスが王子だったかと言うと
保護当時は命に関わる大ケガを負っていたから

生後2週間の いわば猫未満の仔猫というのは
吹けば飛んで消えてしまいそうな小さな命で
聞くところによると猫はとびっきり子育て上手だとか
無骨な人間がそれに代わってミルク飲ませたり
オシッコさせたり ウンチさせたりと
まったく責任重大で気が抜けない

そこへ持ってきて後ろ足両方が骨折 先端は壊死
壊死部分を切れば回復も早いのだけど
何せ赤ちゃんなもんで手術も出来ず

ああ 何と気の毒な子だろう
何としてでも命は助けてやりたい
信仰心のない私が思わず神に祈ろうかと思うほど
どっぷりと悲劇に浸ってましたな(照)

で まあ滅多にしない祈りが通じたのか←コラッ
命の危機は脱しユルユルながらも順調に成長
でも後ろ足の先は両方無くしたので
ハンディを持つ不憫な仔猫ラス
健気なラス王子と
でまあ 周りの人にも皆さんそれはそれは
暖かく見守り応援いただいたもので

この子は思いっきり甘やかして
世界一我が儘な子に育てる!


と豪語してみたり
はい まだまだ浸ってましたなこの頃は

くしょ02

月日の経つのは早いものでクソも今年の春には4歳 
見事に育ちましたがな

我が儘でノー天気でウザイ子に

飛ぶは 走るは 無駄に騒ぐは と
普通に皆と同じように暮らしているので
今となっては哀れさはゼロ
だからこっちも普通に怒ったり叱ったり
             ↑
         誉める要素は殆ど無し

でも まあ すごく高い所はちょっと無理だったり
足をピョコピョコ引きずりながら歩いてたり
そんな様をしみじみ眺めると
なかなか健気でいじらしい子かもとも思ったり

クソは今では天使でも王子でもないけれど
後ろの足の先が両方共ないけど
普通に何でも出来る立派な猫なのだ



携帯カメラなんで画質は悪いけどラスの足はこんな風
        ↓
くしょ03
先端のない後ろ足 右が膝くらいで、左は足首くらいまでしか無い


クショ04
見慣れない人にはグロテスクかな?
苦手な人には申し訳ないです 軽くスルーでお願いします

こうして改めて足を見ると不憫そうだけど
昼寝前の気怠く穏やか~な一時にも
ノリノリで一人狩りゴッコで騒いで
みんなの冷たい視線にも気付かないKYで

とにかく性格がめっぽう明るい

だから まあ その つい
アホラスとか ラスくそとか呼んでしまうし(苦笑)

大家族の中で育ったからこそかなとも思う
猫同士 誰も特別扱いしなかったし
ごく普通に取っ組み合いして走り回って
「ちょっと鈍くさい子」程度の位置づけで育った
それを見てるこちらも特別扱いするのを忘れたし
もしもクソ一人だったら未だに悲劇の子として
浸りきっていたかも と思ったり

お陰で心おきなく
アホとかくそとか罵倒しつつ
虐めることが出来る日々←鬼
         


※【一人狩りゴッコ】 一人で待ち伏せて襲いかかる役と、不意に襲撃を受けて立ち向かう役の二役を努める妄想遊びの一種。その時々で色々なシチュエーションがあるようで、いかにも恐そうな声を出しつつ見えない敵と戦う様は見る者の苦笑を誘う。



いよいよ残るはフー子ちゃんです。
美人のフー子ちゃんをよろしく!
     ↓
fu_san_cha.jpg
コメント
この記事へのコメント
今でも!
ラスくんは今でも王子様ですよーー

当時はあのいたいけなラブリーフェイス、
ドキッとするような両足のギブス、
王子、生きて!って願いましたっけ。

でも!普通が一番、
ウザ男なんてよばれるまでに
立派に成長(?)を遂げ
もうみんな一緒で幸せですね。
2009/01/30(金) 09:18:03 | URL | ゆき #-[ 編集]
ラスちゃんのアンヨ
とっても可愛いピンクの肉球に見えますよ~。当時のことを思うと今こうしてくれていることがどんなに素晴らしいことかと。
適切な例えじゃないかもしれませんが、死に損なった分逞しいのかもしれませんね。 ふうちゃんも先生に「あとはこの子の生命力しだいです・・」って言われたくらいなんですが。(^^ゞ
2009/01/30(金) 10:45:45 | URL | uutaro #1olHiW.o[ 編集]
もう
ラス・ベガ・スももう4歳なんですねぇ~。おっきくなられましたなぁ、王子(感涙)
ひ・さんの献身的なお世話はもちろんのこと、
大家族ならではの教育的指導や、兄弟同士のじゃれ合い、取っ組み合いで、いろんな事を自然と学んできたおかげなんでしょうね。
何の偏見も、ねたみもひがみもなく、有りのままを受け入れて生きる、見習わねばなりませぬ~~!


2009/01/30(金) 11:11:19 | URL | Kei #-[ 編集]
家もね、はなちゃんは後ろ足が動かずオットセイの様だったから、
甘やかして育てたら、おもいっきり意地悪でワガママに育ちましたー(笑)
いいの。はなちゃんは甘やかしてナンボなんで。

足のリハビリは人の手より、猫同士で走り回ることが何倍も効果がありましたよ。
大家族のおかげで今のラス王子があるんですよね。
大家族バンザイ♪
2009/01/30(金) 18:40:18 | URL | 越後屋はなにゃん #3aDKp7XM[ 編集]
もう、4歳・・・早いですね。
ラスくんのケガのこと、覚えてます。
たくさんの猫の中で育ったから、明るく元気なラスくんになれたんでしょうね。
ウザいのも、元気で生きてくれてる証拠だし(笑)
元気がないと心配ですもん。
ウザ男で結構♪(笑)
2009/01/31(土) 00:21:35 | URL | 詩帆 #Xnq8k9Uo[ 編集]
知恵を貸して下さい
昨日深夜、雨の中をさ迷う中型の老犬を保護しました。両目とも白内障を患っておりますが、食欲もあり大人しい犬です。首輪はしてますが迷子札は無く、交番所に尋ねたところ該当犬の捜索願いは出てませんでした。いつまで警察署で保護して頂けるか問合せたいと思いますが、mixiのコミュで千葉県の方から里親の申し出がありました。空輸の負担もするとおっしゃって下さってて大変嬉しい限りですが、空輸に関して全く知識がありません。保健所だけは絶対に避けたいので、何かアドバイスがあれば教えて下さい(:_;)
2009/01/31(土) 13:27:23 | URL | リサ #-[ 編集]
アホでもウザくても元気が一番
>ゆきさん
あの当時はこんな風にウザ男なんて虐められる日が来るとは想像も出来ませんでした(^ ^)
毎日薄氷の上を歩く思いでしたからねぇ。
ラスの強靱な生命力に感謝です!

>uutaroさん
そうなんです。ピンクのデカイ肉球みたいなんです。普通と違うのは一個しか無いこと(^ ^)
ふうちゃんも生きるか死ぬかだったんですよねぇ。今の貫禄からは想像も出来ませんがねぃ(^ ^;;
確かに死に損なったように思われる子は、その分たくましいのかもね。有り難いことです。

>keiさん
そう、ラス・ベガ・ス(今は全員改名されてるけど(^ ^;;)も、立派なオッサン、オバハンですわ。
ホンマ早いですね。
ラスは自身の生命力と持ち前の明るさが、あの危険な状態を乗り越えられたのだと思ってます。
救われたのは私ですな。
そう思ったら、くそとかウザとか虐めたらダメなんですがねぃ。
ま、それは別の話として←違!

>はなにゃんさん
はなちゃんもチッコイ頃は匍匐前進だったんですよね。
ホンマに獣の生きる力はすごいですね。
そうそう、みんなで暴れ回るのがスゴク良いリハビリみたいですね。
ラスの手足はものすごく筋肉モリモリですわ。
顔が小さいからヒヨヒヨっぽく見えるけど、実は手足はマッチョなんです(^ ^;;

>詩帆さん
平気でウザっとか、ウルサイっとか怒ることが出来るのは有り難いですね。
庇ってやる余地ないくらい明るく逞しいアホですからね(^ ^)
当時はラスみたいな子はホントは一人っ子で、丁寧に大切に育てるのが良いのかなと思った事もありましたが、結果的には大家族で揉まれたからこそ、持ち前の明るさ逞しさが強化されたんでしょうね。
改めて大家族のメリットを感じてます。
2009/01/31(土) 16:26:53 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
>リサさん
保護、お疲れさまです!
老犬、白内障、ちょっと辛いキーワードですね(- -)

警察での保護は、ハナゲの頃は2週間だったんですが、今は事情が変わったようで3ヶ月みたいです。
ただ、署内での扱いは係りの人によって変わってくるみたいで、かなり劣悪な環境の場合もあるので、長くは置きたくはないですね。
で、警察での保護期間が過ぎると自動的に保健所に移管され、そうなると飼い主以外は出すことが出来なくなります。

今のところは、棄てられたか迷子か分からないので、とりあえずは「迷子犬を保護してます」の情報を上げる事も同時にやると良いと思います。
あんがい警察に届けるって知識の無い飼い主さんも少なくないので、近くのスーパーとか動物病院にポスターを貼ってもらうのも方法です。飼い主さんが見つかるのが、本当はベストですもんね。
ただ、棄てられたという可能性も充分に考えられるので(イヤな話やけどね)、良い里親さんを探すことも大切ですね。

空輸に関しては、私も経験が無いのでお役に立てないのですが、猫とか犬とか空輸で遠方に里子に出した経験をしてる方は沢山いらっしゃいますよ。
犬だとバリケンに入れて空港で係りに預ける事になるのかな。移動時間にもよるけど、吐く可能性もあるので直前のご飯は抜いて、バリケン内でオシッコだけは出来るようにしておけば良いみたいです。

ただ、老犬ということでかかる負担を考えると、出来れば空輸でない移動を考えたいかなぁ。
あ、これはあくまでも個人的な感想ですし、実際のワンちゃんの体力にもよるので、あまり気にしないで下さいね。

ひとつの考え方として、空輸で長時間の移動で体力的・精神的に負担は掛けることになっても、それは一時のこと。その後の幸せが保証されているのなら、多少のリスクはあっても、その子にとっての貴重なチャンスは生かすのが吉(^ ^)

まずは名乗りを上げて下さってる方と、充分にコミュニケーションをとる事から始めては?
その上で、信頼にあたる方と判断出来るようなら、空輸での移動も視野に入れて良いかと思います。

空輸に関しては、どんなことに注意するべきか、経験された方に聞いてみますね。
直メールしたいと思うんですが、リサさん良かったら鍵コメでメアドを教えてくれませんか。

しばらく気苦労が続くと思いますが、どうか頑張って!!
2009/01/31(土) 16:54:18 | URL | ひ #GCA3nAmE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/31(土) 22:20:09 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zerolab.blog2.fc2.com/tb.php/303-b94e8e9d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。