スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ご一行様、熱く語る!―2
sikai_01.jpg

はい、里親募集のための特別企画として「待ってますで!里親さん!~いいたい放題、ギャングご一行様」、ブログをお借りして進めております。
先ほどはスタジオがかなりエキサイトいたしましたが、コメンテーターの皆さんも落ち着きを取り戻されたようなので、引き続きお話を伺って行きましょう。

come.jpg

ノン:あらためまして、わたくし司会進行を勤めてますノンちゃんです。

デヴィ:ミータン、今はタマキさんとこで世話してもらってるって事やけどさ、タマキさんとこに居る子らとはどうなん?上手くいってるの?

ノン:大丈夫らしいわ!
タマキさん所には、今ミータンの他に保護されてる子が二人居るんやけど、ケンカも無しに仲良く出来てる。オバチャンが写真を撮りに行った時も、落ち着いてて普通にキゲン良く遊んでたって(^ ^)

デブ:って事は、ミータン的には他の猫との付き合いも問題ないって事やな(^ ^)
タマキさんとこはお家の子も居たはるし、猫付き合いのお作法も覚えられるし、エエ感じやな!

ノン:そういう事や!人にも慣れてるし、猫にも慣れてるし、里子に行くにはバッチりや!

mi_10.jpg
バッチリなミータン!

ノン:じゃ、この辺で今回の募集のチビッコをキチンと紹介をしとこうか。
デヴィ子、リスト読み上げて。

デヴィ:はい、はーい。ふむ…。
チビちゃん。推定4ヶ月半くらいで全身真っ黒の女の子です。
続いて、ミータン。推定6ヶ月過ぎくらい、茶トラの男の子です。去勢手術済み。
そして、イッチャン。推定1ヶ月過ぎくらい、真っ黒の女の子です。

おG:このチビちゃんってのが、例のちなつ&こなつ姉妹と同じくらいの子?

ノン:そう、ある程度育ってる子やから、最初は公園の子として世話するつもりで置いてはった子やわ。

デヴィ:それはどういう意味?公園の子とか、保護して連れて帰るとか、どういう基準がある訳?

ノン:さすがデヴィ子!するどいとこ突くな!
では、簡単にタマキさん達のスタンスを言うとくな。
保護して里親募集するのは、基本的には小さい子で捨てられたっぽい子。月齢的には3ヶ月くらいまでの子かな?
ただ、ヒオキさんとか、ウチのオバチャンにしたら、もう少し月齢をあげて半年くらいまでの子は保護したいみたいやな。
小さい子を外に置くのは危険も多いし、半年くらいまでやったら家猫として馴染ませ易い可能性は充分にあるからな。

デブ:そやな、小さい子は環境の変化にも馴染み易いもんな。

ノン:ホンマはチビッコに限定せずに、人に慣れてる子やったら保護してあげたいらしいけどな。そう言う訳にも行かんからなぁ。

イモ:へ?なんで?

デヴィ:おイモ、アンタはホンマにアホやな、どっかで線を引いとかな、あっという間にキャパオーバーになるやん!

イモ:へ?き、きゃぱ???

おG:だ・か・ら!保護した家が猫だらけになって、エライ事になるねん!
分かった?

イモ:あ、そうかぁ!猫だらけになったら、世話する方も大変やし、手も行き届けへんようになるし、つまりクオリティ・オブ・ライフの問題やな!

デヴィ:アンタ、中途半端に難しい言葉使うの止めとき!意味分かってるんか?

ノン:イモはな、脳みその濃い所と薄い所があって、それがランダムに出てくるねん(^ ^;

デブ:ややこしい子やなぁ。

イモ:個性的なおイモちゃんと呼んでちょうだい~♪

ノン:で、まあ、話を元に戻すと、保護する対象としては3ヶ月くらいまでのチビッコで、捨てられたっぽい子。親が一緒に居る子は基本的には対象外。その場合は、様子を見ながら親は避妊手術を受けさせて、その後は外で世話して行く。子供も大きくなったら手術して、外の子として世話やな。

デヴィ:タマキさんがエサやりしてる公園も、ヒオキさんがエサやりしてる所も、一通り不妊手術は済ませてあるんやろ?

ノン:もちろん。だから親子連れが出るはずは無いんやけど、時々親子で捨てられる事があるねんな。ひどい話しやけど…。

おG:ホンマ、ひどい話!(怒)

デブ:でもさ、親子で捨てられて、親の方も外の生活に慣れて無くて大丈夫なん?

ノン:そこやな、問題は。ずっと家猫で暮らしてて、いきなり外で暮らすのは辛いやろうなぁ…。そういう子を見るのが一番ツライらしいわ。場合によっては、チビだけ保護することもあるやろな、ケースバイケースでさ。

イモ:外の子の世話するのもツライな。

デヴィ:ヒオキさんも、言うてはったもんな。ご飯だけチャッカリ食べて、フ-シャ-言うて寄り付けへんような子は気が楽やけど、懐いてくる子は置いて帰るのが辛いって…。

イモ:ヒオキさん、優しいもんな。

デヴィ:でも、優しいだけでは出来へん事やと思うデ。
雨の日も風の日も、暑い時も寒い時も、オールシーズン休み無しやもんな。

おG:タマキさんの公園は近所の人たちで協力しあってるねんで。
でな、公園の掃除もして、花壇の手入れとかも分担してる人らが居るから、公園の管理事務所の人とも上手く付き合ってはるねん。

デブ:そう言えば、Gちゃんとウメちゃんも、あの公園に捨てられてたんやったよな。で、タマキさんとこで世話になってたんやろ?

おG:そうらしいわ、ハッキリとは覚えてないんやけどー(^ ^;

デヴィ:ぷ、ぷ、ぷ、ウメッチなんかオバチャンから生まれたと思い込んでやるねんで( ̄ー ̄)
Gちゃん、薄らとでも覚えてるだけマシやで。

イモ:ほーんま、ウメちゃんってお気楽っていうかー、幸せっていうかー、羨ましいわ( ̄ー ̄)

デヴィ:羨ましがらんでも、アンタもエエ勝負やで、おイモ( ̄ー ̄)

ノン:ほーい、話を元に戻すど~
~まーた始まった。ホンマ、こいつら余分な話が多いわぁ~

ノン:タマキさんの公園は、上手い事システムが作られたっていうか、世話も行き届いてるから、公園に居る子も恵まれた部類に入るやろうな。
もちろん最初から、上手く行ってた訳でもなく、みんなで少しずつ頑張って今の環境が作られたらしいけどな。

おG:ずっと前にな、公園の管理事務所の人に「猫にエサをやらないで下さい!」って書いた立て看板を立てられた事があるんやて。
でな、それを見たタマキさんたちは「文章の内容が違うでしょ。『猫にエサをやらないで下さい』では無くて、『猫を捨てないで下さい!!』でしょ」って、管理事務所の人に抗議したんやって。
それ以来、「猫を捨てないで!」の看板に変わったって(^ ^)

デヴィ&デブ:カッコエエ!!!

おイモ:きゃー、タマキさん、カッコエエ!!さいこー!!

ノン:うん!そう言う毅然とした姿勢と、単にエサをバラまくだけでなく、後片付けから掃除までして公園の役にたつ。不妊手術もしてキチンと管理する、そういうコツコツとした努力の結果やわな。立派やなあ、ホンマ。

デヴィ:ところで、チビちゃんの写真を紹介しようや。

ノン:あー、それがな、チビちゃんの写真は撮られへんかったんやって。

デブ:えーー、うっそぉ!!

デヴィ:なんで撮られへんかったん?オバチャン、ダサ過ぎ!!!

おG:ホンマやわ!何しに行ったん!役に立てへん人やな!オバチャン!!!

イモ:ふざけてるな!!役立たず~~!!

デヴィ:頭わる過ぎ~、人間のクズ~~、タマキさんとヒオキさんを見習えエエエ

イモ:そうそう、反省しろ~、おイモちゃんのご飯を増やせ~~

デブ:もっとエエもん食べさせろ~~


ノン:お前ら、調子乗り過ぎ!!ドサクサに紛れて勝手なこと叫ぶな!!
~もー、またや、またや、参るなー、もー~


ノン:はい、ではCMに入ります。次のエントリーにさらに続きます。

cm_01.gif


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://zerolab.blog2.fc2.com/tb.php/324-b70ec49f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。